男子旅が盛り上がる沖縄

気の置けない友達と男だけで旅してバカやるのが実は一番楽しいのではないでしょうか?
女子会から発展した女子旅はいろんな旅行会社でツアーがありますが、男子旅ってみかけないですよね。
それなら自分たちでオリジナルのツアーを組んでしまいませんか?
それとも夏の繁忙期をズラせば宿泊先も決めずにノープランで出かけるのも面白い旅が出来るかもしれません。
とにかく面白ければ何でもありな沖縄男子旅を紹介したいと思います。
まずはテーマを決めましょう。
沖縄県ですから徹底的にマリンレジャーを楽しみたいというメンバーが集まれば宮古島やけまら諸島、青の洞窟など自動的に目的地が決まってきます。
冒険心を刺激したいのであれば、無人島を選ぶのもいいでしょう。
キャンプやBBQ、釣りなどのアウトドアが楽しめるスポットもあります。
ナンパが目的というのであればビーチ狙いになりますが、その場合はカップルに人気のスポットへ行っても意味がありません。
女子旅ツアーに組まれるスポットをチェックしてみましょう。
歴史や史跡に興味があるメンバーであれば琉球王国時代の世界遺産や、戦争時の史跡や文化施設が行ってみましょう。
またアメリカの占領地だった過去があるためアメリカ文化も交じっていて、ミリタリー・サブカル好きには堪らないお宝が見つかるかもしれません。
とにかく食べる事が好きだというメンバーなら沖縄旅行比較をしましょう。
オリオンビールに泡盛とお酒の種類も豊富です。
メンバーに酒豪が集まればとにかくお酒を飲みまくるツアーでもいいですよね。
晴天の中ビーチに寝転がって昼間からビールを飲むなんて自堕落さがビールをさらに美味しくするわけです。
ただし飲む場合は絶対に酔っぱらって海に入ってはいけません。
もちろん禁酒運転も絶対に禁止ですから、その場合は車のレンタルは止めて酒豪メンバーと行くならバスツアーを選択しましょう。
旅に行くのはお金がかかるというイメージもあるかもしれません。
確かに恋人と行って格安チケットに格安ホテルなんて選べばケチだなんて思われるかもしれません。
ですが男同士なら見栄をはる必要なんてありません。格安で行って好きな事を堪能出来る事が最高の贅沢なはずです。
気になるプランが見つかればあなたも気の合うメンバーと一緒に男子旅へ出かけてみませんか?
友達とバカやって騒げる時間は人生の中でそれほど長くはありませんから、出来るのは学生時代の時間がたくさんある今のうちだけです。

昨今では、女子旅なんて言葉が流行っており女性が女性だけであちこち旅行に行く、なんていう楽しみがありますね。
女子旅、女子会、といったように女子だけで楽しむという文化が最近では色々とあるのですがそんな楽しみというのは女子だけの物ではありません。
寧ろ、こんな時代だからこそ男子も立ち上がってみてはどうでしょうか?男子にしかない楽しみというものを紹介しましょう。

男子旅を今こそ楽しんでみよう

女子旅、というとやはりお洒落でワイワイとしたような楽しみという物があるのですが確かにそれも旅行の醍醐味ではあります。
しかし、旅行の楽しみは決してそれだけではありませんからね。
大自然と触れ合ったり、雄大な景色を楽しんだり、体を思い切り動かしたりするなんていう硬派な旅行もきっと楽しいはず。
そして、そんな男臭い旅、つまり男子旅というのも今では一部で人気になりつつあるんですね。
そんな男子旅のスポットはどこがいいのでしょうか?いろんな候補を上げる事が出来るのですが、やはり硬派で男臭い本気の旅行というものを楽しむのであれば沖縄がおすすめですね。
女性にも人気な南国リゾートですが、沖縄は男の楽しみもたくさんありますので、ぜひとも男子旅の舞台にしてみてください。

男子旅の醍醐味とは

女子旅の醍醐味、というと美味しい物を食べたり温泉につかってリフレッシュしたり、美容やお洒落、買い物を楽しんだり、という物だと思います。
しかし、男子旅の醍醐味はその土地にしかない大自然に触れてみたり体を思い切り使ったアウトドアスポーツやアクテビティを楽しむと言った体力を思い切り使うような楽しみでしょうね。
そして、沖縄にはそんな大自然、スポーツポイント、アクティビティポイントと言うのがたくさん揃っているんですね。
更に、食べ物なんかもお酒をがっつりと楽しんだり男飯を楽しんだり、なんていうことも沖縄ではやり放題になっていますので、正に沖縄を旅行する、というのは男子旅に非常に向いているスポットになっているのです。

女子に遠慮しない旅

カップルでの旅行になると、どうしても女性に気を遣ったスケジュールになってしまいますよね。
しかし、男子旅であればハードなスケジュールだったり弾丸ツアーのような無茶なスケジュールを組んで、へとへとになるまで思い切り楽しむ、なんていう遊び方をする事が出来るのです。
旅行を思い切り純粋に楽しむ、それが男子旅の醍醐味ナノです。

更新情報